公正証書や内容証明のご依頼は、文書作成に強い群馬の行政書士 鈴木コンサルにお任せください

内容証明文書の作り方

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります

内容証明の作り方について

内容証明が有効な場合ケースをご確認下さい

内容証明を作成すべきケースの一例

 

内容証明郵便の中身とする文書については、文字や行数、契印の押し方等を守らないと受理してもらえません。

 

用紙や書き方については特に決められていません。

 

内容証明を書く際の留意点

しかし相手方にこちらの意図や意思を正確に伝えることが重要な文書であり、心理的負担を強めて催促を期待するものであるならば、書き方も相応なものが必要になります。

 

 
内容証明を書く場合の留意点としては次のようなものがあります。

  1. 表題は簡潔に、趣旨が一意で伝わるものを付けます。
  2. 強い催促を伴うものであっても、トラブルを避けるためには柔らかい表現も考慮する必要があります。
  3. 内容は意図が確実に伝わる表現で記載します。
  4. 誤字脱字はなくします。
  5. 主観的な感情等は記載しないほうが無難です。
  6. 相手方に揚げ足を取られないよう、内容を十分吟味しましょう。
  7. 間違えた内容であっても訂正や撤回はできません。
  8. 事実調査は十分行いましょう。その上で文面に請求の根拠を記載します。
 

記載する内容

内容証明に記載する内容は次のとおりです。
  1. 相手方が法人の場合は所在地と名称の他に代表者指名を記載します。
  2. 差出人も同様に記載します。
  3. 代理人がいる場合は同様に記載します。
  4. 本文に押印は必要ありませんし、押す場合は認印でも構いません。しかし内容の価値を高めるために、実印の押印も一考かと存じます。
  5. 訂正印や契印は必要になります。
  6. 差出し年月日を記載します。

■一般的な内容はホームページに載せていますが、千差万別お客様の悩み事によって内容が変わってきます。

■具体的な内容について、まずはお気軽に下記の問い合わせフォームやお電話でご連絡ください。

■初回相談は無料です。まずは作成すべきかどうか相談していただき、必要だと考えればご依頼ください。

■内容証明は行政書士の署名職印により効果が増します。

あなたのお悩みはここで解決

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

メールで回答させていただきます

 

行政書士鈴木コンサルタント事務所

℡ 027-377-6089

初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

このページの先頭に戻る

内容証明文書の作り方記事一覧

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります連帯保証人に対する内容証明について保証契約がある場合は、本来の債務者が返済できない場合に、その者に変えて保証人に当該債務を請求することで債権回収をはかります。連帯保証契約がある場合は、連帯保証人には通常の保証契約より重い責任が伴います。連帯保証人には、一般保証人にはある「催告の抗弁権」や「検索の抗弁権」がありません。連帯保証人は債務者本人と同じ立場に立た...

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります売買代金請求の内容証明について売買代金が支払われない場合に、相当の期限を決めて催促を行ないます。売買代金請求の文書の内容売買代金請求の文書に記載する内容は次のとおりです。債務者に対する文書の内容。表題は請求書となります。売買契約および支払い状況を記載します。期限を決めて請求を行ないます。請求人の住所氏名を記載します。債務者の住所氏名を記載します。押印は任...

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります継続的取引関係解消の内容証明について継続的取引関係の基本契約を交わしている場合、その継続を維持することができないときに解消の意思を通知します。継続的取引関係解消に関する文書の内容継続的取引関係解消に関する文書に記載する内容は次のとおりです。 表題は通知書となります。関係解消に至る経緯を記載します。関係解消の旨を記載します。解消年月日を記載します。お詫びや...

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります債権譲渡通知の内容証明について債権譲渡の場合は、債権者や第三者に対抗する要件として、それらの者に通知や承諾を行うことが必要になります。できれば公正証書を作成することが望ましいですが、債権者が多数いたり非協力的だった場合は、内容証明で通知を行ないます。通常は債権の譲渡人が通知を送りますが、譲受人が譲渡人の代理で送っても通知は有効となります。債権譲渡に関する...

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります時効援用の内容証明について民法では一定の事実が継続する場合、それが真実の権利関係と一致するかどうかを問わないで、その継続する事実を権利関係として認める制度があります。それを時効といいます。時効には、一定期間が経過することで権利を取得する「取得時効」と、一定期間の経過によって権利が消滅する「消滅時効」があります。時効に関しては2020年の改正民法によって、...

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります内容証明を発送しておくべきケースの一例です。商取引トラブルに関する事例損害賠償請求損害賠償請求(契約不履行)損害賠償請求(契約違反)損害賠償請求(相手方過失)欠陥商品の交換や返品請求契約済の商品の引渡し請求債務不履行による契約解除通知報酬未払による契約解除通知契約違反による契約解除通知未払代金の請求錯誤理由の契約無効通知虚偽説明理由の契約取り消し通知委任...

page top