公正証書や内容証明のご依頼は、文書作成に強い群馬の行政書士 鈴木コンサルにお任せください

連帯保証人に対する請求の内容証明

■内容証明の文面作成から郵便発送まで承ります

連帯保証人に対する内容証明について

保証契約がある場合は、本来の債務者が返済できない場合に、その者に変えて保証人に当該債務を請求することで債権回収をはかります。

 

連帯保証契約がある場合は、連帯保証人には通常の保証契約より重い責任が伴います。連帯保証人には、一般保証人にはある「催告の抗弁権」や「検索の抗弁権」がありません。連帯保証人は債務者本人と同じ立場に立たされ、債務者が支払いを怠った場合は、債権者はいつでも連帯保証人に請求できます。

 

「催告の抗弁権」とは、「まずは主債務者に請求して」と主張できる権利、「検索の抗弁権」とは、「主債務者に財産があるので、そちらに請求して」と主張できる権利です。連帯保証人にはこの2つの権利がありませんが、ほとんどの保証は債権者に有利な連帯保証となっています。
これらについては2020年施行の民法で改正されることになります。

 

■民法改正

 

連帯保証人に対する文書の内容

連帯保証人に対する文書に記載する内容は次のとおりです。

  1. 表題は請求書となります。
  2. 債務に関する契約内容を記載します。
  3. 主債務者より返済されない旨の事実関係を記載します(請求の原因)。
  4. 連帯保証人に請求する旨を記載します。
  5. 連帯保証人からの返済がない場合の措置を記載します。
  6. 請求人の住所氏名を記載します。
  7. 連帯保証人の住所氏名を記載します。
  8. 押印は任意です。

☆彡保証債務に関するブログ記事

■内容のご相談から作成、発送まで。当事務所にお任せ下さい

■一般的な内容はホームページに載せていますが、千差万別お客様の悩み事によって内容が変わってきます。

■具体的な内容について、まずはお気軽に下記の問い合わせフォームやお電話でご連絡ください。

■初回相談は無料です。まずは作成すべきかどうか相談していただき、必要だと考えればご依頼ください。

■内容証明は行政書士の署名職印により効果が増します。

あなたのお悩みはここで解決

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

メールで回答させていただきます

 

行政書士鈴木コンサルタント事務所

℡ 027-377-6089

初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

このページの先頭に戻る
このページの先頭に戻る

page top